ナノアクションD

ナノアクションD

10月にナノインパクトテラ2.0という商品がリニューアル新発売された商品です。販売はサントリーさんなんですが、なんと製造はわたしのお気に入り会社であるホソカワミクロンさん(笑)!

ということでナノインパクトプラス中身は同じなのでは…とお思いでしょうが実はしっかりと内容もパワーアップしています。

 

まず、ナノアクションDはこれまでの2ボトルタイプから1ボトルタイプに変更されました。これはどういうことかというと、粉ボトルと液ボトルに分かれていて使う時にはそれを混ぜあわせる必要があったのですね。
ナノアクションDからそれがなくなり他の育毛剤と同じようにそのまま塗布するだけになって使いやすくなりました。

さらにウリである「持続力」が10時間に増強。そのコア技術であるPLGAナノ粒子に加えてナノインパクトプラスにはないサントリー独自のPCTナノエマルジョンというカプセルが別にあって血行促進成分を浸透持続させるというダブルのパワーがあるそうです。血行を促進させるということは育毛の基本ですので、その効果を忠実に再現しようとしているのでしょうか?

 

さらにナノインパクトプラスとの違いは2つ

 

1点目が、成分自体が毛根はもちろん、頭皮に浸透する様な新たな技術も導入されている様です。配合成分もナノアクションDのほうが3種類ほど多いです。
もう1点が、1回分だけスプレーで使える様にノズルにも新技術が使われている様です。キャップを半回転させるとポンプに一回分が自動的に溜まるとか…。

リアップも同様にプッシュすると自動的に一回分が溜まる方式ですので、使った私からみるとこの改良は良いですね。育毛剤を買うくらいですから使う瞬間は「生えろ生えろ」と必死なんです。恐らく、ついつい、規定の量以上に使ってしまうという育毛剤あるあるがあると思うので、これはきっちり使えて助かります。

 

ただし、欠点もあります。第一がほぼ同等商品であろうと思われるナノインパクトプラスより3000円も高いこと。数百円ならサントリーさんのブランド力を信じてこっちを選びそうですが、いくらオリジナル成分がはいっていたとしても、この値段の差はいかんともしがたい…。定期コースだと1000円安くなりますがね。

 

また特徴である持続時間がナノインパクトプラスの12時間より短い10時間、ここでもお得感が若干薄れてしまいます。財布に余裕が無い私であればなかなか手がでないものの、サントリーのブランド力、そしてオリジナルの配合成分を期待するならばナノアクションDを選んでみてもいいのではないでしょうか?

 

 

総合評価 ☆☆☆
価格 10,500円
ポイント 毛根に確実に届ける事に特化したナノ技術
成分の数 40種類